窓の杜からフリーソフトのJw_cadをダウンロードしたいのですね。

広告

窓の杜からJw_cadをダウンロード

↓窓の杜のダウンロードページです。
●「Jw_cad」定番の無料2次元CADソフト – 窓の杜
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/jwcad/

窓の杜とは

↓3件紹介します。
●窓の杜でウィンドウズ用ソフトウェアを無料ダウンロード | パームツリー NEWS 10
http://palmtreenews10.com/2018/05/03/madonomori/

●フリーソフトのダウンロードなら「窓の杜」 – +pedia
https://jppd.info/mado

●窓の杜 – 窓の杜でのウイルスチェックについて
https://forest.watch.impress.co.jp/info/about/viruscheck.html

窓の杜は素晴らしいサイトです。Jw_cadのダウンロードに限らず、フリーソフト探しに活用しましょう。

Jw_cadはフリーソフト

Jw_cadはフリーソフトです。あえて検索キーワードに”フリーソフト”と言う言葉を含めなくても無料のJw_cadのダウンロードサイトのリンクが検索結果に出てきます。

こちらのサイトもおすすめ

↓こちらはJw_cadのオフィシャルサイトのJw_cadのダウンロードページとなります。
バージョン7.11と最新版をダウンロードできます。
●ダウンロード
http://www.jwcad.net/download.htm

↓こちらはVectorのダウンロードページです。
●Jw_cad for Windowsの詳細情報 : Vector ソフトを探す!
https://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se070945.html

VectorやGoogleもいい

Vectorも公開ソフトのウイルスチェックと動作チェックを行っています。
20年以上前から公開ソフトのセキュリティチェックも行っているとの事です。
こちらも安心して使えます。
窓の杜よりVectorの方が公開しているソフトの数は多いです。
シェアウェアやパッケージソフトの販売も行っています。
送金が簡単です。
窓の杜は評判の定まった定番物を探すのに適していて、Vectorは数あるソフトから選びたい時、Googleはとにかく情報を多く集めたい時に便利です。
私も最近はGoogleで探して、Vectorや窓の杜に行く場合が多いです。

フリーソフトを作っている人に感謝

それにしても、フリーソフトを作っている人には頭が上がりません。
開発で、手間も時間もお金もかかったはずだと思います。
私も自分用のソフトを組むことはありますが、他の人が使えるかと言えば、使えるものは作れません。仕様書を作っても途中で開発を終了してしまいます。
それで充分用事が足りてしまう場合が多かったりします。
フリーソフトではそれでは失格でしょう。
それなりの質のソフトを組めるということはすごい事です。
私もフリーソフトで救われることは多いです。
CMSでもよく無料で作れるなと思う事は多いです。
いろいろリスクはあるはずなのに。
ダウンロードしたソフトは、大事に保管しておいた方がいいでしょう。
また使う日が来るかもしれませんし。

今はGoogleで探すと広く探せる

昔はVectorや窓の杜で検索をかけたり、カテゴリのリンクをクリックして探していたのですが、今はGoogleから探す事も多くなりました。Googleで探せば窓の杜やVectorにあるソフトも表示してくれますし、それ以外のサイトの情報も出てきます。
外国ソフトの日本語化のような情報はGoogleが見つけやすいです。
●Google
https://www.google.co.jp/

いいソフトは長期保管を

いいと思ったソフトは長期保管を行いましょう。
基本的にはMOやミラーリングのNASや外付けハードディスクが良いでしょう。
USBメモリーは無くすかもしれませんが、扱い方によっては長期間データを残す使い方もありそうです。
できれば異なるデバイスに3重化できると理想的です。
最終的にはユーザーの裁量によりでしょう。

ミラーリングのNASのおすすめ

私もミラーリングのNASを使っているのですが、今のおすすめはNASキットのDS218jです。同容量のハードディスクを2台取り付けてセットアップすれば使えます。
今は4TBのハードディスクを2台使っています。
今のペースで保存していけば自分の使い方なら10年以上使えそうです。
NASを使う時だけ電源を入れれば部品の消耗も遅くなると思います。
読み書きも速いですし、多機能です。
きっと10年後にはもっと大容量で高機能・高性能な製品が世の中に出ていると思います。
満タンになる時期もふまえつつ買い換えとなるのかもしれません。

広告