4tユニックのCADデータを無料でダウンロードする方法をお探しですね。

広告

ユニックのCADデータを無料でダウンロードできるサイト

↓10件紹介します。
●使える CAD フリーデータ / バリケード、ビケ足場、立ち馬、交通誘導員など
https://51kz.sakura.ne.jp/maro-cad/

●CAD フリーデータ/油圧ショベル・バックホウ・ユンボ・生コン車など
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/01kenkikai.htm

●CAD フリーデータ/建設機械別・車両別、クレーン・高所作業車など
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/02kenkikai.htm

●建設機械のCADフリーデータ1/バックホウ・クレーン・トラックなど
http://johnny-g.watson.jp/frsoft/kenfrdata/cad/kenkikai5.htm

●CADデーター【移動式クレーンの辞典】
http://www.hitati.co.jp/CAD/GR600N200B.dxf

●建設機械イラスト集「荷役・運搬機械」 | 西尾レントオール株式会社
http://www.nishio-rent.co.jp/product/illustration/liiustrationcargo/

●ユニック | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/search.cgi?w=%A5%E6%A5%CB%A5%C3%A5%AF

●MISCELLANEOUS DATA STORAGE 2 for CAD Drawings: [JWS/DWG] 4t ユニック 4段 10mブーム
http://miscellaneous-data-storage2.blogspot.com/2018/02/jwsdwg-4t-4-10m.html

●無償CADデータ | アクティオ
https://www.aktio.co.jp/products/cad/

●CAD-DATA.com | CADデータ共有サイト
https://www.cad-data.com/

サイトをブックマーク

良いデータが見つかったサイトは、ぜひお気に入りやブックマークに登録しておきましょう。
フォルダ名も工夫して、いつでも見やすい場所に配置しましょう。

AutoCADのデータ変換を試行錯誤

AutoCADのデータをJw_cadで開くためには、Jw_cadで開ける形式にファイルを変換する必要があります。
AutoCADをお持ちであれば、R12のDXF形式に変換するとJw_cadで開けるかもしれません。
他にはJacConvertを推している人がいます。シェアウェアですが試用もできます。
●ダウンロード: JacConvert Ver3.11 – 建築フォーラム(farchi)
https://www.farchi.jp/downloads/index.php/1785

他にも変換できるソフトは有るようです。
うまくいく方法は試行錯誤で見つけていくしか無いかもしれません。

長期保存で時短化

図面作成がうまくいった時に使ったデータはぜひ長期保存を行いましょう。
デスクトップに貼り付けたままにしておくと、いつの間にか無くなったという事になるかもしれません。
MOやミラーリングのNASや外付けハードディスクやM-DISCが良いでしょう。

まだまだ人がやらないとならない仕事も多い

Google画像検索で”4tユニック車”と検索すると、クレーン付きトラックの画像がたくさん出てきます。

ユニック車は力持ちの車ですが、操作するにはそれなりに力持ちの人でないと危ないでしょう。

移動で、もうちょっと力が欲しい時は、力持ちの人がいるといいですから。

機械は省力化に貢献しますが、それを使ったり管理する人はいくら機械が優れていても最後は人がいないと駄目です。

ちょっと脱線してしまいましたが、どんなデータを選ぶかも機械より最終的には人間の方が優れていると思います。

検索力を鍛える

Googleで検索すると、他にもたくさんヒットすると思います。

いろいろキーワードを変えていくと、どんどん目的のコンテンツに近づいていったり、ある瞬間を境にあさってのほうに遠ざかったり面白いです。

それで一番近づいた時のキーワードを、忘れてしまったりします。

そのうち、戻るでたどり着いたり。

いろいろな展開があります。

ただ、仕事で検索をかけている時は、検索して遊んでいるように思われても困るので、休みの日に暇でしたら、プライベートなキーワードで良いので検索の練習をされると良いでしょう。

自分の興味のある内容を調べるのは楽しいですから。

ユニックを操作できるまで下積みが長そう

ユニックと聞いてぱっとしない人は、Google画像検索をしましょう。

クレーン装置付トラックという感じですね。

現場で操縦できるようになるまでは、下積みも必要ですし、免許も必要です。

ユニック車でボートを運ぶのを見たことがあります。

個人の能力を超える物品は、持たない方がいいんじゃないかと思います。

何かする度に、人を呼んでお金をかけていたら、お金がいくらあっても足りません。

あと個人でいろいろ仕事を覚えて、自分でできるようにできれば良いのですが、それもどこかで限界を感じますね。

何十年も業務をしてきた人には、本一冊読んだくらいの素人ではかなわないので、アウトソーシングした方がいいですね。

この年齢になって本当に感じます。

今日も安全に

Google画像検索でも4トンユニック車の画像を見ることができます。

ユニック車のCADデータは、なぜか検索する人が多いです。

作業指示図でしょうか?

プロの人って段取りよく作業をしていきます。

足場を維持しながら安全面、作業効率をよく考えています。

そこまで来るのに下積みが長かったのでしょう。

3次元施工等、時々テレビのニュースで取り上げられるようになってきていますが、長期の経験の必要な作業はまだまだ残るようですね。

広告