Jw_cadで立面図を反転したいのですね。

[移動]や[複写]で出来ます。

[移動]や[複写]で図形を範囲選択して[選択確定]の後、[反転]ボタンを押して反転の基準となる線をクリックします。

立面図も平面なのでJw_cadで扱えます。

図面の再利用で生産性を上げる技の一つです。

平面図を書いて、立面図を書いて、カメラアングルを移動させると、ぐりぐり3DCG動画になったりすると面白いのですが、データを作るのも大変ですし、ソフトも相当高い物を用意しないとならないと思います。

放送用としてはそのようなソフトがありそうですが。

反転で思い出したのですが、CAD図面の背景色を黒くする方法も反転といえば反転なので紹介しておきます。

設定⇒基本設定⇒色・画面⇒色彩の初期化⇒背景色:黒⇒OK

白の背景だと眼が疲れるそうですが、それは液晶ディスプレイが”はずれ”だという方が大きな原因だと思います。

頑張って目に優しいディスプレイを探したり、ブルーライトカットフィルターを導入しましょう。

広告

Jw_cadで左右反転する方法

↓Yahoo知恵袋の記事ですが、これが一番わかりやすいです。
●JW-CADで鏡像コピーするには、範囲選択した後、どうすればよいでしょうか? – … – Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1311687858

複写で倍率を-1,1にするのが肝です。

反転する図形があると便利な機能

反転する図形があると反転機能は便利さを感じるでしょう。

通常の反転は左右か上下の反転なので、複写の倍率で反転をかけられると思います。

基準線は角度が半端な時に役立つでしょう。

綿密に計画を立てて角度出しを行いましょう。

左右対称のものはたくさんある

人の体や自然物など左右対称の物ってたくさん有ります。

厳密には全く同じかといわれるとほとんど違うのでしょうけど。

動物で左右対称のものは多いですね。

生命の神秘や、自然の不思議さとか感じてしまいます。

これもいろいろ突き詰めると内臓は対称でなかったりするのですが。

人の指は片手で5本、両手で10本だったので10進法やそろばんが開発されたのでしょう。

私も小学校1年の頃は手の指で足し算・引き算を行っていました。

そろばん学校で暗算を覚えて、飛躍的に計算の能力が上がったのですが、これを習っていなかったら、今どうなっているだろうかと思うと怖いです。

計算は買い物に行っても仕事でも頻繁に使います。

全く出来ないとおそらくどこかでごまかされてしまうでしょう。

今はスマホを電卓代わりに使えますが、買い物に行ったり仕事の場でどうしても暗算で概算を出さざるを得ない場面というのはよくあります。

自分にも子供や孫がいたらそろばんは習わせると思います。

コストパフォーマンスはいいです。

子供の時に身につけたものは、大人になってブランクが空くとだんだん能力がなくなっていきますが、歳を取っても必ず生活で本当に有用なところは残ります。

小学生ぐらいは大人顔負けの無理な事をやって鍛えておくものだと思います。

操作方法を忘れても機能の存在は覚えておこう

反転機能は比較的操作が簡単な機能なので覚えやすいですが、たまにJw_cadを使うぐらいであれば、忘れたら検索して操作方法を引っ張ってきてでもいいと思います。

ただ反転する方法がJw_cadに用意されている事は忘れないようにしましょう。

倍率で左右か上下に反転する方法

↓1件紹介します。
●図形を上下左右にミラー反転(移動・複写) – JWWの使い方 – Jw_cad 設備設計情報室
https://jwcad.setsubit.com/jww/zukei-hanten.html

倍率は2分の1倍の時は0.5と指定するので注意です。

3分の1倍の時は1/3のような計算式を入れられます。

基準線で反転させる方法

↓1件紹介します。
●JWW の基本操作 – 図形や線を反転 – Jw_cad 設備設計情報室
https://jwcad.setsubit.com/jww/basic-inversion.html

おそらく基準線は角度がシビアでしょう。

多分すぐ覚えられます。

反転が必要になったら、簡単なデータを作って実験しましょう。

そして上記の2つの方法のうち、簡単な方法を行いましょう。

左右上下ちょうどの反転の場合は、倍率による方法が簡単でしょう。

基準線に角度が付いている時は、基準線の方法が簡単でしょう。

忘れたらまた調べましょう。

それでも初めての時よりは速くできるでしょう。

頑張りましょう

反転は、反転を使いたくなるような線対称の地物等を描く時には便利でしょう。

本当に図面をいろいろ書く人でないと、どれぐらい便利な機能かどうかは実感できないでしょうけど。

CADは頭が柔らかくないとなかなか使いこなせないものです。

私もCADを初めて触ったのはかなり歳を取っていた時期だったので、なかなか使いこなせるようになりませんでした。

新卒で使い始めないと駄目ですね。

就職活動の結果によっては、転職を繰り返さざるを得なくなって、30歳ぐらいでCADを初めて触ったという人もいるかもしれません。

CADを使えればすごい事なのかといえば、CADが普及した現在としては大した事でもないのかもしれませんが。

新卒採用の会社で定年を迎えられる人もいるでしょうし転職組も、人生いろいろですが、どちらがいいのかというとわかりません。

転々していると、いろいろな会社で仕事が出来ますし、いろいろな風景を見る事が出来ます。

ただ数十年間同じ仕事をしていないと見えてこないものは見れないでしょうね。

人生結局は、なるようにしかならないのでしょう。

私も、またそのうち新しい専門分野を開拓しなければならない日が来るのかもしれません。

また頑張らないと駄目かもしれません。

広告