Jw_cadのデータを3DCADに連携する方法をお探しですね。

広告

Jw_cadのデータを3DCADに持って行く方法

Jw_cadのデータを3DCADに持って行く方法はいくつかありますが、次のソフトのようにJw_cadのデータのインポートに対応したソフトはいくつか聞きます。

↓例えばVectorworksなら
●Vectorworks 2D図面簡単3D化(JW-CAD図面編) – Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=T_vk6FBHcu8

↓ARCHITREND Zなら
●Jw_cad立体化ムービー – Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=tB1b11093lo

●建築Cad「書建」の詳細情報 : Vector ソフトを探す!
https://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/business/se405685.html

Sketchupを使う方法

↓Jw_cadとSketchupの連携も講習会で学べるようです。
●2次元図(jww)からRsjwwで3次元図(Sketchup)に自動変換を紹介 – フリーソフトJw_cadの日々 – 横浜市で人気の実務で使うJw_cad、Sketchup、講習会 自習講座
http://www.yokohama-cad.co.jp/index.php?QBlog-20160815-1

SketchUp8を使うのがいいようですね。

早めにダウンロード・インストールすると良いでしょう。

Jw_cadのデータをSketchupに渡すときの注意

リンク切れになりました。

Fusion360を使う方法

↓動画もあります。
●3D CADとの連携
http://jwcad-tsukaikata.com/3DcadRenkei/3D_cadRenkei.html

DesignSpark Mechanicalを使う方法

↓動画です。
●JW CAD 使い方(番外編)アイソメ図&3D CAD – Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=DpMDcTRZKUU

どのソフトもJw_cadの2Dデータを3Dに直す時にいろいろ操作が必要ですが、動画を見ていると操作を覚えれば簡単にできるのかもしれません。

作り込むと時間がかかってしまうと思いますが。

3Dの作図は次元が一つ増える分、入力が増えてしまいます。

いろいろな視点から建物の構造を眺められるのは利点ですが、手間が大変そうです。

昔は2Dで現場は動いていたので、それだけでもいいのかもしれませんが。

どちらかと言えば絵が欲しいときに必要なのでしょう。

必要であれば、体験版を入手したり、無料ソフトを試したりすることからスタートでしょう。

Jw_cadのデータを3D化する動画

↓3件動画を紹介します。
●Jw-cad図面をSketchUp3D図形に一気変換-Ⅲ – Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=s1c-8_KepWk

●Jw_cad 使い方.com Jw_cadと3D CADとの連携 – Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=qux-z_lTr10

●Jw_cad から Sketchup へ 一発変換 – Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=qgKrJjT-46c

Jw_cadを3Dレンダリングする外部変形

↓一つ紹介します。
●Jww 3D Render Jw_cad外部変形(無料フリーソフト)
http://mam-mam.net/jww3drender/

2DCAD/3DCADまとめ

↓2件紹介します。
●【2018年度版】無料で使える建築用3DCAD・2DCADフリーソフトまとめ – ものづくりをする人を本気で応援するサイト(3DCAD・3DCAM・3dプリンター・AI・IoT)
https://fusion360.3dworks.co.jp/2018/03/12/free-2/

●【決定版!】無料で使える高機能2次元・3次元CADソフトまとめ|CADの求人・派遣・転職情報ならCAD JOB
https://cadjob.co.jp/cad_course/column/p953/

Jw_cadで3Dのデータを扱うのは難しい

Jw_cadは基本的に2DのCADでせいぜい2.5Dまでです。

3Dの座標軸はありません。

上記サイトで、フリーの3DCADを紹介しているので試してみると良いでしょう。

いい所、Jw_cadのデータをエクスポートしてSkethUpの無償版に読み込んで3D化した画面を作るのがせいぜいでしょう。

それもできるようになるまで複雑な操作を伴い面倒だと思います。

Sketchupもバージョンによって開発元が違いますし、古い版を探してくるのも一苦労でしょう。

どうしても3Dが必要なら高価でも有料3DCADの方が良いのでは

ソフト間でファイル変換を行うと、細々したところでデータの欠損が起こります。

それを直すのに膨大な時間が必要です。

Jw_cadからSketchupにデータを渡して完成間近に、Jw_cadのデータを更新したよなんて言われたら泣きたくなるでしょう。

またコンバート特有の修正を行わなくてはなりません。

個人ユースで3DCADが必要な事なんてほとんど無いでしょう。

でもどうしても必要な人は探すしかないです。

フリーは機能に限界がどうしても出てきます。

それにしても3DCADは高そうです。

最先端ですから。

大昔も先端アプリケーションソフトは高嶺の花でした。

ただオフィスソフトは買えるようになりました。

社会人になったからというのもあるでしょう。

全体的にパッケージソフトは、機能が増えた割に高くならなかったというのがあるでしょう。

学生時代マルチメディアパソコンでPhotoshopを使ってレタッチするのが夢でしたが、最近ソフトを買ってみると、フォトレタッチなんて使わないのですよね。

もうデジカメで撮ってしまうときれいな色になっています。

合成をやってみたかったのに、写真をいじるのが悪いかなとか思ってしまいます。

3DCGを作るのも夢でしたが、もうかなわなくてもいいんじゃないかとか、最近は思い始めてきました。

もうそれはプロの世界で、ソフトの使い方を学んだりハードを揃えたり、時間やお金を考えると個人じゃ無理かなと思います。

私も詳しくはないですが

私もあまりCADに詳しいわけではないので、Sketchupのバージョンいくつが使いやすい等の情報は知りません。

上記サイトや書籍を利用する事で、多分このバージョンがいいんじゃないかとわかるかもしれません。

Sketchupの無償版が必要になったら、早めに探してダウンローした方がいいでしょう。

いずれダウンロードできなくなるでしょう。

あと3DCADが仕事で必要になった時は会社で買ってもらって、会社のパソコンで使わせてもらいましょう。

個人で自宅用に購入しても使う事は少ないと思うので元は取れないでしょう。

広告