広告

クレーンのJw_cadのデータをお探しですね。

トラッククレーンのCADデータ

↓7件紹介します。
●使える CAD フリーデータ / バリケード、ビケ足場、立ち馬、交通誘導員など
http://51kz.sakura.ne.jp/maro-cad/

●CAD フリーデータ/油圧ショベル・バックホウ・ユンボ・生コン車など
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/data/01kenkikai.htm

●建設機械のCADフリーデータ1/バックホウ・クレーン・トラックなど
http://johnny-g.watson.jp/frsoft/kenfrdata/cad/kenkikai5.htm

●CADデータ | データ提供サービス | 株式会社タダノ
https://www.tadano.co.jp/service/data/data2.asp

●CADデーター【移動式クレーンの辞典】
http://www.hitati.co.jp/data-cad.html

●性能表【移動式クレーンの辞典】
http://www.hitati.co.jp/data-seinou.html

●木信産業株式会社ホームページ|仕様書・CADデータ
http://www.mokushin.co.jp/machines.html

ラフタークレーンのCADデータ

↓6件紹介します。
●CAD図面ダウンロードサイト クレーン16ton
https://www.tectsukasa.com/download/html/crane/16t/16t-1.html

●ラフテレーンクレーン│JOUSAI│クレーン、トレーラー、高所作業車のレンタル・リース
http://www.jousai.co.jp/biz/rough.php

●クレーン|市原クレーンサービス株式会社
http://www.ichihara-cs.co.jp/02_crane/index.html

●16tラフタークレーン
http://nishifukuoka.com/products2012.html

●CAD図面ダウンロードサイト クレーン10ton
https://tectsukasa.com/download/html/crane/10t/10t-1.html

●10tラフタークレーン | CAD-DATA.com
https://www.cad-data.com/cad/UZ80866_3.html

Google画像検索も参考に

例えば、トラッククレーンとはどのような車両か、画像で確認したい時はGoogle画像検索が便利です。
“トラッククレーン”で検索するだけで、いろいろ出てきます。
●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

自作用のCAD図形の下絵を用意する時にも参考になりそうです。

あと、”トラッククレーン CAD”で検索するとCADデータらしき画像も出てきます。

データは長期保管

やっと探してきたデータや、作ったデータはなくさないためにも長期保存を意識した記憶デバイスに保存しておきましょう。
MOやミラーリングのNASが用意できるといいですね。
MOは保存場所の条件が良ければ10年は取っておけると思います。
ミラーリングのNASは、電源を入れっぱなしにせず、長期保存のデータを読み書きする時だけ電気を通すようにすると長く使えると思います。
データが満タンになったら、外付けハードディスク3台にコピーを取って、安全な場所に保管しましょう。データの移動が終わったら、NASのデータを消してまた再利用しましょう。
3種類の異なるデバイスにそれぞれコピーを取れれば、全滅とはならないのではと思います。

作業は天候にも注意して

地表で風が弱くても、上空では暴風が吹き荒れている事もあるかもしれません。
気象情報にも細心の注意を払い、できれば作業を行う日の予想高層天気図で風の強さを読み取り活用した方が良いでしょう。ソフトがあればいいのですが、気象予報会社のサービスを受けるのも良いかもしれません。
気象予報士の人なら何らかのデータを入手する方法を知っていると思います。
気象予報士の資格はどういう時に活きるかと言えば、あまり意味もないのかもしれません。
天気予報なんて最新の予報が無料で見られますし。
ソフトを組める人はテレビでも流れない情報を見る事ができますが。

所有者は通行道路の許可も

ラフタークレーンを道路上で移動させるためには、所有者が関係機関に許可を取らなければなりません。許可が下りるまでには時間がかかります。余裕を持って申請しましょう。

限界性能にも注意

クレーンを伸ばしてどれぐらいの重量に耐えられるか、クレーンを設計した会社なら確かな数字を持っていると思います。経験豊富な人もある程度安全範囲を把握していると思います。
無理はしない事でしょう。

安全なランクのクレーンを使用

重い物を持ち上げる時や高く持ち上げる時等は、それなりに対応したクレーンを使いましょう。
無理をすると大事故になりかねません。

クレーンの事がわからなければ計画は立てられない

どこにどのクレーンを設置するか、安全が確保できる範囲で考えなければなりません。
クレーンの免許を持っていて、体でどれぐらいの位置で安全かわかっている人が計画に参加できればいいのですが。

誰かが計画は立てないと

作業する人が毎回、CADをいじるのも手間のかかる事でしょう。
やはり誰かが計画を立てないとならないでしょう。
できると思われ、計画を任されたら他の人の視点も予測してやるしかないです。
これも若い時からの積み重ねでしょう。
もう私も業界に戻っても任される事は無いでしょう。
歳も歳ですし。
若い人に任せて、仕事を覚えてもらった方が間違いも少ないでしょうし。

今日も安全に

今日も現場の仕事が事故無く安全に進んでくれる事を願います。

広告