広告

Jw_cadデータファイルをPDFに一括変換したいのですね。

変換できるソフトをダウンロードできるページ

JWtoPDFを試してみてはいかがでしょうか。

●Jw_cadのJww/JwcデータをPDFに超高速変換するツール
http://www.microarts.jp/product/jwtopdfpro3/index.html

30日間試用可能の体験版も用意されています。

個人でも買おうと思えば買えないこともない価格なので検討の価値があります。

このままずっと一枚一枚印刷し、ファイルネームをつけてPDFを続ける作業をするぐらいなら、どれぐらいの時間がかかるかわかりませんが、そのうち元は取れるのではないかと思います。

↓いろいろなソフトの印刷機能を借りて一枚ずつPDFに変換できるフリーソフトです。
●無料 PDF 変換・作成ソフト CubePDF – CubeSoft
https://www.cube-soft.jp/cubepdf/
印刷機能を呼び出して、プリンタをCubePDFに切り替えるだけで、PDFファイルを作ってくれます。会社がAdobePDFを買ってくれない時に、使う人が多そうなソフトです。有料ソフトも安いソフトからワープロのおまけソフト、高価なソフト等いろいろあります。違いはあまりよくわかりませんが。CubePDFのページの下の方にいろいろPDF編集ソフトもダウンロードできるようになっていますが、なかなか使いやすいソフトが多いです。解説サイトを探さなくても直感的に使えるソフトが含まれています。時間があれば試すと良いでしょう。

Jw_cadに一括印刷機能があるという書き込みも読んだのですが、それが使えるのでしたらそれを用いるのも一つの方法でしょう。

PDFファイルって、編集しにくいところが欠点であり長所でもあります。ちょっと謎です。

結局は1ページずつ作るしかないのでは

PDFで保存する度に、ファイル名も印刷範囲も指定しなければならないので、なかなか大量図面を一度にPDF化するのは大変でしょうね。
メモ帳にファイル名一覧表を作って、PDFファイル名の入力時に切り取り/貼り付けをすると、ファイル名を間違えず作業進捗もわかるようになるので便利です。作成に失敗した時に備えてリストができたら軽く保存すると良いでしょう。
ちょっとした技ですね。時短のためにこっそり使いましょう。

有料ソフトも有ります。

無料ソフトばかり使っていると、無料で使う感覚に慣れてしまいます。私は有料ソフトのAdobePDFやJustPDFも使いますが、CubePDFでも充分使い物になる感じです。無料ソフトはどうやって開発費を回収しているのか謎です。
有料ソフトの価格は安心料かもしれません。本当の所はどうなのかわかりませんが。

PDFからDXFへの変換は厳しい

図面データが画像に変換されているPDFファイルは、DXFへの変換が期待できないでしょう。
PDFを渡してくれた人に、CADデータで送ってもらえるようにお願いしましょう。
ラスタベクタ変換のソフトもある事はあるのですが、人間が引いた線ほどいい線は引いてくれないものです。
図面がベクトル形式ならAdobe illustratorでDXFに変換できる可能性があります。一回ぐらいなら体験版でも良いのですが、今後大量に変換する必要があるのでしたら買った方がいいかもしれません。IllustratorはPDFの編集用に使いやすいソフトですし。

広告