Jw_cadの日影図についてお探しですね。

広告

Jw_cadの日影図について

↓10件紹介します。
●【 日影図|その他|Jw_cad 】- Jww情報館
http://www.homeplannet.com/modules/xpwiki/?%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%2F%E3%81%9D%E3%81%AE%E4%BB%96%2F%E6%97%A5%E5%BD%B1%E5%9B%B3

●JW CADで日影図を作成する。 : jwcadマニュアル/cadフリーソフト使い方
http://blog.livedoor.jp/jwcadnet/archives/51291044.html

●日影図 – Jw_cad超初心者道場 ~JWCADの使い方~
http://www.jwdojo.com/others/1500.html

●日影図:JWキャドの使い方
http://jwcad.erizo.net/jwcad3/post_46.html

●Jwwからの日影・天空率計算[ADS9] – Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=gY-9w0LNm8E

●JWCAD(WIN)の日影図の書き方を教えてください。現在、JWCADで… – Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10185783500?__ysp=Slcg5pel5b2x

●遠山英雄都市建築設計事務所-役に立つ操作情報>AutoCAD2000_No2>_jw_cad
http://toyama.o.oo7.jp/jw_cad.htm

●Jww専用掲示板 [One Topic All View / Re[3]: 日影図について / Page: 0]
http://www.ath-j.com/cbbs2/cbbs.cgi?mode=al2&namber=28693&rev=&no=1&KLOG=135

●Q.00060 Jw_cadの日影図で表示される「誤差」とは? – Jw_cadのFAQ|建築知識|X-Knowledge(エクスナレッジ)
http://www.xknowledge.co.jp/kenchi/jw_cad/2008/03/post-317.html

●Jw_cadのFAQ: Jw_cad日影・天空率完全マスターアーカイブ|建築知識|X-Knowledge(エクスナレッジ)
http://www.xknowledge.co.jp/kenchi/jw_cad/jw-cad-1/

まずは書籍の購入から

まずはAmazonや街の大きな本屋さんに行って、日影図についての専門書を購入しましょう。
●Amazon | 本, ファッション, 家電から食品まで | アマゾン
https://www.amazon.co.jp/

おそらくネットのコンテンツより読みやすくまとめられていると思うので、時短につながります。

職場の先輩から聞くと速いかも

上級者の教えは少しの事でも強力だったりします。
莫大な時間の節約にもつながるかもしれません。

Jw_cad以外の方法も探すと安全

Jw_cadは無料で良いのですが、有料・無料を問わず日影図を描けるツールを入手し動かす事で、どれぐらい差が有るかわかれば、安全寄りの設計もできるようになるでしょう。

Jw_cadは日影図も無料で良い

日影図を計算できる著名なフリーソフトは、Jw_cadしかないのではないでしょうか。
探し方が足りないせいもあるのかもしれませんが。

冬至の日の影について算出

日影図は冬至の日の建物の影を計算して求めます。
太陽が南寄りの低い角度で移動するので影が長めにできます。
冬至の日が選ばれているのは決まりなのでそうするしかありません。

特別な日になると時の進みを意識する

冬至はクリスマスや年末が近づき一年でも楽しい時期です。
そんな事を言っていると毎日楽しい時期なのかもしれませんが。
年の数字を見ると、あれから何十年経ったのだなとか時の進みの速さを意識します。

若い人は今を大切に

若いうちは時間はゆっくりすぎていきます。歳を取って速くなるというのはその年齢にならないと体感できない事ですし、個人差も大きいかもしれません。
若い時しか出来ない事もあります。
良い人生を送りましょう。

地方はぴんとこないが大都会では問題になる

地方は背の低い建物が多いので、ビルの多い大都会ほど問題になる事は多くないでしょう。でも、密集して建物があるところは問題になるかもしれません。

昔は太陽が移動するだけでもときめいたが

私も昔は天文ファンで日の出・日の入りの瞬間を見たり、月や惑星を望遠鏡で見たりするのが好きでした。最近は火星が大接近しても見ていないので、もう熱は冷めたのかもしれません。

広告