広告

Jw_cadの求人をお探しですね。

ただCADの求人は昔よりレベルが上がっており、経験が少ないと厳しいでしょう。

経験が少なくても採用の可能性があるのは、関連した学校を出ている人か20代前半の若い人まででしょう。

あとJw_cadの仕事があるのは大企業でなく、CADにお金をかけられない中小企業が中心でしょう。

大企業はAutocadや業務CADなど高価なソフトを使っている場合が多いと思います。個人で練習用に準備するのは難しいでしょう。

Jw_cadの求人を探すのもいいですが、他の可能性も考えていかないと、いつまで経っても失業状態が続きます。

私も転職回数多いですが、大変ですよね。

いつまで履歴書を書き続けようか。また写真撮ってこないと等考えてしまいます。

歳を取るとできなくなる仕事や、次第にコンピュータやロボット、人工知能に仕事を奪われていく分野もあります。

仕事に就いている人も就いていない人も実はみんな大変です。

求人サイトではバイトの求人がある

Googleで”Jw_cad バイト”のキーワードで探すと、Jw_cad関連の求人が多く見つかります。
ただ、都会部の求人が多いです。
求人があっても実際仕事をするためには、職場の近くに住むか、近所の求人を応募するしかないでしょう。
応募しても採用となるとハードルが高いでしょう。

それにしても最近はネットで求人情報が山ほど出てくるようになりました。
ただ一日も早く仕事に就きたい人は、やっぱりハローワークの方がいいのではないでしょうか。毎日通って最新の情報を基に動けばそれなりの成果があるものです。
ネットでも見れますが、ハローワークで見る情報の方が充実しています。

地方で探すとなると厳しい

先程も書きましたが、ほとんど大都市での求人です。
地方で探すとなると見つけるのは大変でしょう。

年齢や経験年数も大切です。
もう私では歳も取っていますし、経験年数も少ないですし、とてもJw_cadの仕事なんて探そうとも思いません。
本当に専業CADオペレーターを雇うのであれば、事務も兼業できるぐらいの若い人を雇うのではないでしょうか。
設計なら設計で募集をかけるでしょう。

講師か設計の仕事ができるぐらいでないと

現実、Jw_cadのバイトを雇用するより、設計や講師等教えなくてもすぐに仕事ができる人を雇いたいのではと思います。
昔はパソコンが少し使えれば仕事はあったのですが、仕事をしていれば年月でパソコンスキルは誰もが上がっているでしょうし、応募する側の想定スキルも上がっているでしょう。
今後は小学校からプログラミングを学んできた強者が、社会に進出してくるでしょう。
大学でプログラミングを初めて習った世代は、新人から、駄目だねと言われるようになるのかもしれません。
個人的にはVisual studioがある程度使えればもう充分なような気がするのですが。
若い人全員が、ExcelVBAのソースを見てこれは駄目だあれは駄目だとかSnSでやりとりするようになったらやっていられないですね。

普通に仕事を探すしかないのでは

Jw_cadのバイトの仕事をしたいとしても、一から手ほどきするレベルでは、なかなか使うのは大変だと思います。
就職活動は今あるものを利用して、道を切り開いていかなくてはなりません。
Jw_cadのバイトの仕事は、見つけるのも採用されるのも大変だと思います。

私もよくわからない

夢の無い話ですが、中学生・高校生ぐらいになったら、ハローワークの求人を見て、現実的なキャリアパスを考えていかなければならなかったのかもとか思います。ただ好きだからこの分野の大学に行こうでは、もし自分が通える範囲に仕事が無ければ都会に出なければならないかもしれません。転勤族も覚悟しなければならないかもしれません。求人は今はネットで見られる時代ですから考える時間はあります。環境の変化に適応できない人も出てくるでしょう。仕事に就けるかは運もありますし、正解は無いものです。
小学生の時、フルーツバスケットというゲームを時々やっていたのですが、あまり席を動かない人が残りやすい事になってはいました。人生も席をあまり動かない人の方が残りやすいのか、ちょっとわかりません。その時その時でよかれと思って判断しているわけで、不可抗力な所はあります。
いろいろな境遇の人がいると思いますが頑張りましょう。人生とゲームは同じ訳では無いですし。

頑張って

仕事でJw_cadを使うと発見があるものです。
なかなか自宅で書籍片手に勉強しても限界があるものです。
仕事でJw_cadを使えるのは恵まれていると思います。
仕事を探しているとわかるのですが、パソコンを全く使わない仕事も世の中にはたくさん有ります。
ITスキルを求める仕事でも、本当に業務の事をよくわかっていて、現業の人に何らかの価値を与えられるエキスパートでもなければ人事課の人はOKを出さない世の中です。
家で参考書を片手に勉強していてもなかなか仕事に就けないものです。
ほとんどの人はその中でもなんとかつかんで仕事をしているのでしょう。
私も高校に通っていて、進学する事を決める前にハローワークの求人をよく見て現実的なキャリアパスを考えておけば良かったのでしょう。
ただ常に行き当たりばったりで現在に至ります。
いろいろ偶然で就職が決まっている事が多く、なかなか若い時の想定ではどんな仕事に就くかなんてわからないものだと思います。
いろいろ制約のある中、自分ではよく頑張っているなあという感じですが。
これからの人は、もっと世の中の行き着く先をそれなりに考えて、どんなライフスタイルを送るか考えなければならないのでしょうけど、10年以上先の世界なんてもうわからないですからね。それでもなんとかしなければならないのですが。

広告