Jw_cadの講習をお探しでしょうか。

こちらはどうでしょうか。

●パソコンスクールWin | 仕事と資格に強いパソコン教室。全国展開
https://www.winschool.jp/

講師の派遣も行っているようです。

Jw_cadの講座もあるようです。

本を一冊勉強して、あとは周りの人に聞いたりして、図面を作るうちに体が覚えるという人もいますが、人それぞれ覚えやすいやり方が違うかもしれないので、パソコン教室で覚えたい人は検討するのもいいでしょう。

失業していると、職業訓練で講習を受けられる人もいるかもしれません。

書籍は、エクスナレッジの本を薦める人が多いようです。

私も一冊持っています。

最初の一回目がキツいです。

でもやってみると、できたりして面白いのです。

ネットの情報だと無料でいいのですが、書いてある通りに操作しても、そうならなかったりするので、かえって時間がかかったりします。

上級者になると書き込みを見て、信頼度がどれくらいか予想できるようになるのですが。

広告

無料講習を探してみて

私も少しだけJw_cadの無料講習を探しました。
ただ、あまり探す気が無かったためか、使い方の書いてあるサイトは見つかっても、簡単にプロレベルになれそうなサイトは見つけられませんでした。
書籍を買ってきて学習されるのがいいのではないでしょうか。
今のパソコンは、ブルーライトの影響で疲れ目になりやすいです。
眼の健康のためにも、紙面を読む事も学習に取り入れた方がいいと思います。
あまりにもブルーライトで眼に刺激が強くて困っている方は、会社で眼への負担の弱い液晶ディスプレイを探して、似たようなメーカー、シリーズ、型番、評判を基に買い換えるのが良いでしょう。現状で刺激が軽微でも、ブルーライトカットフィルターを画面に貼り付けるといくらか刺激が軽減されます。おすすめです。
話を戻しますが、Webのコンテンツは印刷して取っておくのもかさばりますし、気がついたらサイトが消えていたりという事がよくあります。
書籍の方が間違いは少ないですし、自分のパソコンで再現しやすいようにいろいろ工夫されています。

今は通信講座もあるようです

無料で検索しても有料の講座のページが上位に表示されます。
書籍でうまくいかなかった人は、通信講座で学び直すのもいいかもしれません。
基本はテキストと動画講座でしょうね。
いくつかあるので、自分がこれなら覚えられそうだと思った講座を受講した方が良いでしょう。
何回も繰り返せば、テキストの内容はある程度覚えられるでしょう。

パソコン教室で学ぶ方法も

パソコン教室で学ぶ方法も大都市圏ではできるみたいです。
地方にはあるのかはわかりませんが。
失業していたりパソコン教室との交通アクセスが良ければ、時間の無駄遣いにならず良いのかもしれませんが。

独学で学び早めに仕事に就いた方が良いのでは

Jw_cadのプロになるためには、Jw_cadを使う職場に就職しなければなりません。
就職・転職は若い方が有利です。若ければ未経験でも門戸が開ける場合があります。
私もそれで道を切り開いてきました。
Jw_cadを覚えるためには本を読んでばかりでは限界があります。年月を重ねて仕事をしながら伸ばしていった方がいいでしょう。
あと会社によっては、高い業務CADをメインに使っている会社も多いです。その時にはJw_cadはほとんど使いません。
無駄になるかもしれないので、仕事に就いてから鍛えるというのも大事な事です。

Jw_cadの勉強法

私もJw_cadの講習があれば、受講しようか考えます。

地方に住んでいるので、近くではやっていないでしょう。

東京・大阪なら市場が大きいのでやっているとは思いますが。

Jw_cadを使う仕事に就いたのでしたら、実地で覚えましょう。

教えてもらったことは、すぐに自分でわかるレベルで良いので、マニュアル化しましょう。

講習もいいのですが、時間もお金もかかります。

仕事を探していて、Jw_cadの勉強をしたい人は、書籍でもいいのではないでしょうか。

職業訓練でJw_cadの講習があれば、安く受けれると思うのでいいのですが。

書籍もある程度やると伸びなくなるんですよね。

基本しか教えてくれないというか。

講習は書籍よりわかりやすくても、レベルが合っていないと、時間もお金ももったいないです。

仕事で使うと数ヶ月でプロになれますから。

私もまたプログラマに戻れるものなら戻りたいですが、歳が年だから誰も雇わないでしょう。

勉学は一日も早く

私も子供の時には歳を取ると物が覚えにくくなるから、子供の時の勉強が大事だという事は知っていました。
ただ歳を取って本当に記憶力が落ちてくると、もう子供の時と同じ勉強はできないのだと悲しくなります。
忘れ残りで日々過ごしている感じです。
最近は登校できないお子様も多いようですが、できるだけの対応を取って、つらくても登校した方がいいでしょうね。
若い時に道をそれるとなかなか取り返しは付かないですから。

広告