Jw_cadのデータをスケッチアップに貼る方法をお探しですね。

広告

スケッチアップとは

スケッチアップとは米Trimbleが開発・提供している3Dデザインツールです。

元々、Sketchupは米@Last Softwareが開発と販売を行なっていましたが、Googleが同社を2006年3月に買収して全ての権利を引き継ぎました。

2012年5月に現在のTrimbleに買収されています。

無償版はdxfなどファイル入出力形式が制限されるほか、高解像度の画像出力、Layoutと呼ばれる図面作成ソフトが同梱されていないなどの制限があります。

2013年現在、商用版はSketchup pro 2013、無償版はSketchup 2013 Makeと名称を変更され、無償版の商用使用は禁止されています。

スケッチアップはパース図を作成するのに便利と評判です。

ただ、無償版は商用利用ができない事と、有償版にしか無い機能が使えないのが残念な所です。

有償版は12万円以上するみたいで、お試しで導入は厳しいですね。

最初に書きましたが、スケッチアップは現在はGoogle社の著作物では無くTrimble社が開発・提供しています。

Jw_cadの図面をスケッチアップに貼り付け

Sketchup(スケッチアップ)は、パソコン用の3次元モデリング・ソフトウェアです。

直感的な操作性により習得が容易で、無償版も用意されていることから、建築や教育分野を始めとしてプロ・アマチュアを問わず広く普及しているそうです。

商用版と無償版が用意されていて、商用版は様々なファイルフォーマットの入出力に対応しています。

私はまだ使ったことないですが、そのうち使ってみたいですね。

こちらが参考になるでしょうか。

●Jw図面をSketchupへ読込 – 横浜市で人気の実務で使うJw_cad、Sketchup、講習会 自習講座
http://www.yokohama-cad.co.jp/index.php?Jw%E5%9B%B3%E9%9D%A2%E3%82%92SketchUp%E3%81%B8%E8%AA%AD%E8%BE%BC

ソフト間でデータ変換をすると、ほとんどの場合、データが部分的に欠落します。

Sketchupで納品する場合は、Jw_cadで作り込んでいないうちにSketchupにインポートした方が良いでしょう。

スケッチアップにDXF形式のファイルをインポートするには

まずは、Jw_cad側で、該当図面をdxf形式で保存します。

SketchUp8以降のバージョンの無償版では、DXF形式データのインポートには対応していません。

そのためプラグインを使います。

●ダウンロードはこちら↓
http://rhin.crai.archi.fr/rld/plugin_details.php?id=735

インストールする場所:Pluginsフォルダにドロップします。

コマンドの場所:ファイル メニュー

Sketchupを起動したら[ファイル]メニューより[インポート]コマンドを実行します。

ファイルの種類が「Sketchup ファイル(*.skp)」となっていますが、こちらを「Autocad Files(*.dwg、*.dxf)」に切り替え、該当図面を選択して開きます。

その他インストールの参考になるリンクです。

●Google sketchup Jw_cadのdxfファイルをインポートするSketchup Ver.7/8用のプラグイン (Dxf_In.rb)
http://monge.tec.fukuoka-u.ac.jp/caddesign_SketchUp/plugins_dxf_in00.html

●Sketchup 他のCADのDXF・3dSファイルをインポート(入力)
http://monge.tec.fukuoka-u.ac.jp/caddesign_SketchUp/basic06_dxf_3ds.html

●3次元cadのSketchUP専用掲示板 パース製作など [All Tree / Page: 0]
http://www.ath-j.com/cbbs2/cbbs.cgi?no=19

これで駄目な場合は、古いGoogle SketchUp7を探してきましょう。

検索機能をいろいろ駆使して、運がよければ見つかります。

Google sketchup 7.0.8657(英語版)までのバージョンは、DXFインポートをサポートしています。

(インストするときに「Baidu imEと jp.hao123をインストール しますか」と
きいてくるのでチェックを外すと良いです。)

プラグインではうまくいかなくても、7を用いることで無事に解決しそうです。

広告