Jw_cadをタブレットで使いたいのですね。

ただ、タッチパネルで使いやすいかとなると不安が残ります。

広告

Jw_cadをタブレットで動かす方法

Jw_cadをタブレットで動かす方法をいくつか紹介します。

■Windowsタブレットを使う

Jw_cadはWindows上で動作するソフトです。
Jw_cadが対応したWindowsがインストールされているタブレットであれば、インストール・使用ができると思います。
ただし、Windowsと書いてあっても、モバイル版だったりWindowsRTなど、通常のパソコンOSと違うWindowsが入っている場合は使えないかもしれません。買う前に心配な時はタブレットメーカーのサポート窓口に聞く事をおすすめします。
WindowsタブレットとAndroidタブレットを間違える人がいますが、高い買い物でもありますし、スペック表と型番のチェックはしっかり行いましょう。

■Jw_cad互換アプリを使う

iPadの場合は互換アプリが公開されています。
↓こちらでダウンロード可能です。
●「TouchJW v2」をApp Storeで
https://itunes.apple.com/jp/app/touchjw-v2/id996794955?mt=8

アンドロイドの場合もJwwViewerという互換アプリがあったのですが、公開が終了してしまいました。

どちらにしても閲覧が主で編集は難しそうです。

■デスクトップクラウドを使う

クラウドサーバ上のWindowsを表示・操作できるクラウドサービスがあります。
↓詳しくはこちら
●様々な端末からWindowsPCが利用できる仮想デスクトップなら【お名前.comデスクトップクラウド】
https://www.onamae-desktop.com/
アンドロイドやiPadやWindows、Macなど多くのプラットホームからWindowsを操作できます。こちらのWindowsにJw_cadをインストールすれば良いのではないでしょうか。
私もJw_cadをインストールして使用できる事は確認しました。
ただタッチパネルで使いやすいかと言えばちょっと自信は持てません。
まずは安くて短期の契約から試されると良いでしょう。
いくつか使い方を思いつく人には便利なサービスです。
トップのページを見ているとFX向けのサービスと思われますが、おそらくFXは必須では無いでしょう。
私もFXには使っていませんが、勧誘される事もあまり無いですし。

タブレットで動くCADアプリ

↓タブレットで使えるCADはいくつかあるみたいですね。
●CADの利用時に役に立つ! スマホやタブレットでも使えるCADのアプリ|CADの求人・派遣・転職情報ならCAD JOB
https://cadjob.co.jp/cad_course/column/p912/

PDFで見るのが現実的では

いちばんお金のかからないタブレット活用法としてはJw_cadの図面をPDFにして持ち運ぶ事でしょう。フリーソフトのCubePDFというソフトを使う事ができます。
↓ダウンロードはこちらから
●無料 PDF 変換・作成ソフト CubePDF – CubeSoft
https://www.cube-soft.jp/cubepdf/
印刷に使うプリンタをCubePDFにして印刷操作を行います。後はPDFファイルの保存フォルダやファイル名を指定するとその場所にPDFファイルが作成されます。
タブレットでPDFが開けない時はPDFリーダーアプリのインストールが必要です。

タブレットを使う人も増えてきた

電車に乗っていても最近はタブレットを見かける事が増えてきたなと言う印象です。
大画面でWebサービスを利用したいというニーズがあるのでしょう。
学校でもタブレットを授業に使うところが増えてきたみたいです。
ニュースでもちょくちょく取り上げる事が増えてきました。
私を含めて昔人間からすると、黒板をただノートに書き写すだけでも学生の時は結構頭に残るものです。タブレットの画面を見て覚えてといってもちょっと厳しいのではと思うのですが。
それをこえるメリットがあるとして使っているのでしょうけど。
私だったら学生向けの通信教材のタブレットなら欲しいですね。
脳のトレーニングになりそうですし。
今は時間が有りませんが。
そのうち5Gサービスが始まりますが、帯域を生かしきれば、スマホがもっと快適に使えるようになりますし、他にも生活が便利になるサービスが始まるかもしれません。
通信料金は普通に使っている人が普通に支払える範囲の料金設定となるといいのですが。
ちょっと今更で申し訳無いのですが、工事現場は紙の図面の方がいいんじゃないかと未だに思います。
タブレットに水や土を付けると壊れやすくなっていきます。
紙ならぐしゃぐしゃになったらまたプリンタから刷ればいいだけです。
ビニール袋に入れて持ち歩けば天気が良くなくても夕方まで持つものです。
ただ枚数が多くなってくると困った事になります。
昭和時代はそれでも紙で現場が動いていたと思います。
その時代を想像すれば解決のヒントが見つかるかもしれません。

広告