Jw_cadで使えるエアコン図形ファイルをお探しですね。

普通のGoogle検索でも、いくつか見つかりそうです。

●Google
https://www.google.co.jp/

頑張って、一番いいものを探しましょう。

Google画像検索から、リンクをたどって探す事もできそうです。

●Google 画像検索
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

これなら目的のものがありそうなサイトに、ダイレクトにたどり着けそうなので、通常の検索で見つからなかった時には重宝しそうです。

どうでもいい事ですが、私の場合、家ではエアコンを使いません。

夏場は、窓を開ければ充分だからです。

水分だけこまめにとって、暑い中過ごしています。

夏場、外で仕事をする事もあるので、クーラーで体を柔にするわけにいかないというのもあります。

窓を開けた方が空気もいいです。

冬は灯油ファンヒーターです。

すぐ暖まっていいです。

灯油を入れるのが、ちょっと面倒ですけど。

広告

空調設備のデータをダウンロードできるサイト

↓10件紹介します。
●ダクト、スパイラルダクト CADデータ
https://51kz.sakura.ne.jp/maro-cad/air/duct3.htm

●空調設備のCADフリーデータ その1
http://johnny-g.watson.jp/frsoft/kenfrdata/cad/kuutyou51.htm

●AutoCAD互換のコストパフォーマンスの高いCADソフトーZWCAD
https://zwcad.co.jp/

●RootPro CAD – RootPro CAD Free (フリーソフト)・Professional – ルートプロ
http://www.rootprocad.com/

●冷暖房・空調・換気・衛生設備の系統図、配管記号集 / CAD フリーソフト
http://demo.server-queen.jp/osusume/cad/senmon/43duct.htm

●Vector: トップ / ダウンロード / Windows10/8/7/Vista/XP/2000/NT / ビジネス
https://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/business/

●JwCad用配管継手部品集とAutoCAD用配管継手部品集/設備CAD研究会
http://www.cad-ken.com/

●JWWのCAD図形データ – 建築設備の情報館 – Jw_cad 設備設計情報室
http://jwcad.setsubit.com/

●空調設備-施工図・設計図-JWW_CADデータ・図面作成例 – Jw_cad 設備設計情報室
http://jwcad.setsubit.com/detail/air-conditioner-cad.html

●TOTO:COM-ET [コメット] 建築専門家向けサイト
http://www.com-et.com/libc/cmp/index.htm

メーカーサイトも行くと、良いデータがあるかもしれません。

設備向けCADも探すとあるようなので、調べてみるといいと思います。

空調設備図面を学べる書籍

↓1件紹介します。
●Jw_cad 空調給排水設備図面入門 (エクスナレッジムック) | Obra Club |本 | 通販 | Amazon
https://www.amazon.co.jp/Jw_cad-%E7%A9%BA%E8%AA%BF%E7%B5%A6%E6%8E%92%E6%B0%B4%E8%A8%AD%E5%82%99%E5%9B%B3%E9%9D%A2%E5%85%A5%E9%96%80-%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B8%E3%83%A0%E3%83%83%E3%82%AF-Obra-Club/dp/4767821932

Jw_cadが面倒だと思った方は専用CADを検討

よく探すと空調設備業界もプロ向けのCADがあると思います。
体験版やカタログを取り寄せて検討しましょう。
Jw_cadより簡単に速く正確な図面が書ければ元が取れると思います。

どこの業界も勉強の積み重ね

どこの業界も勉強を続けていかないと、周りの進歩に遅れて置いて行かれます。
歳を取ると勉強も億劫になってきますが、頑張りましょう。

寒暖の差が激しい年が増えてきた

冬は記録的な寒波・大雪、夏は記録的猛暑、豪雨と厳しい天候が近年全国的にちょくちょく見られるようになってきました。
暑さ・寒さに弱い人はエアコンは必須でしょう。
時々掃除もして快適に使いたいものです。
私は寒い時のストーブは外せませんが、夏のクーラーは無しで頑張っていきたいと思います。夏の酷暑の中、外仕事をしなければならないかもしれないのが専門なので。
ただ豪雨はどうにもなりません。大雨の度にあまり降らないで欲しいと祈るぐらいの事しかできません。残念ですが。

広告